どの金利が適用になる?上限金利と下限金利

消費者金融などカードローンの金利は一般的に、4.5%〜18.0%などというように下限と上限の間をある程度幅を持たせた金利帯で表されますが、じゃあ実際にお金を借りるというときに適用される金利はいくらになるのか?わからないですよね。「4.5%〜というのだから、自分は12%くらいで借りられるのでは?」などと考えていますと、予想外に高い金利がついてしまうことがあります。では適用金利は一体どうやって決められるのでしょうか?

 

自分がお金を借りたときにいくらの金利で借りることができるのか、適用金利は審査によって決まるわけですが、審査の前にだいたいどのくらいになるかは借入れ額に応じて決定されます。例えば50万円以下など小額の借入の場合には、この4.5%〜18.0%を例にとるならば18%程度の適用金利となることがほとんどです。

 

はじめて消費者金融などを利用する方の多くは、金利を比較する際にこの下限の金利もその比較材料としてしまうのですが、この4.5%など下限の金利が適用されるのは、そのカードローンの最高限度額いっぱいの500万円や800万円といった超高額な融資を受ける場合くらいです。つまり、ほとんどの方は、この下限金利で金利比較をしても、何の意味もないのです。

 

50万円以下、100万円以下など小口融資を希望するというのであれば、そのカードローンの上限金利で比較をするといいでしょう。消費者金融の場合にはほとんどのところが上限金利を18%としているのですが、なかにはプロミスの17.8%のように、18%を切っているところもあります。少しでも低金利なところで借りたい、というのであれば、自分が借りる額で適用される金利がいくらになるのかを比較することが大事ということです。