限度額で選ぶ

限度額で消費者金融を選ぶという場合には、どこを選べばよいのでしょうか。消費者金融の限度額といいますと、大手で最高500万円というところがあり、あとは300万円などとなっています。そうなりますと500万円の大手が限度額が高いということになりますが、消費者金融の場合には総量規制の問題があります。

 

総量規制により、個人の借入総額は年収の3分の1までに制限されてしまいますので、最高500万円という限度額であっても、それを借りられるのはその3倍、1,500万円の年収の方くらいです。年収450万円の方でしたら、消費者金融など貸金業者から借りられる額は法的に原則150万円までとなってしまいます。

 

では高額な融資を希望するという場合にはどうしたらよいのでしょうか。その場合には、総量規制対象外となる銀行カードローンを選びましょう。銀行カードローンは最高限度額自体も高く、なかには最高1,000万円というところもあります。借入れ額の年収による法的な制限もありませんので、自身の年収の3分の1を超えるような場合でも借入可能です。

 

ただし、当然のことながら審査があります。高額な融資となりますとそれなりに審査は厳しくなりますし、また年収に対してあまりにも高額な融資というのは銀行カードローンであっても審査に通るのは困難です。なかには年収の半分程度の借入に成功している方もいらっしゃいますが、目安としては消費者金融同様、3分の1程度とみておいたほうがよいでしょう。限度額は利用を続けて返済実績を積んでいけば増額してもらえる可能性もあります。増額には他社での新たな借入がないことや、返済の遅延などないように利用を続けることが大切です。