消費者金融についてこれだけは知っておこう【法律】

消費者金融でお金を借りるにあたって、覚えておきたいことの一つが『総量規制』です。この総量規制、年収の3分の1以上借りられないといったことで知っている方も多いかと思いますが、具体的にはどういったものなのかご存じでしょうか。

 

総量規制というのは、そもそも改正貸金業法により導入されたルールです。原則個人の借入総額は、年収の3分の1までに制限される、というもので、年収が600万円の方の場合には、借入総額は3分の1の200万円までに制限されることとなります。しかしこの総量規制は貸金業法に定められているルールのため、貸金業者には適用されますがそれ以外の金融機関には適用されません。

 

貸金業者にあたるのは、消費者金融のほか、クレジットカード会社や信販会社といったところです。銀行カードローンも同じくカードローンを提供してはいますが、銀行カードローンの場合には貸金業者にはあたりません。法律も銀行法という別の法律下になりますので、銀行カードローンからの借入は総量規制の影響を受けません。よって年収の3分の1を超える借入れも可能となります。

 

よくある間違いの一つとして、銀行傘下や銀行グループの消費者金融の場合総量規制の影響を受けるかどうかということがあります。こうしたカードローンのことをまとめて「銀行系」などと呼ぶ場合があるのですが、銀行系であろうとなかろうと、その融資をする業者が貸金業者であれば総量規制の影響を受けますし、そうでなければ影響を受けません。この点について間違って紹介しているサイトなどありますので注意して下さい。

 

総量規制も、貸金業者からの全ての借入が対象となるわけではありません。総量規制の対象とならない除外貸付けと、貸付けの残高としては算入するものの例外的に返済能力があると判断されれば認められる例外貸付けとがあります。例えば不動産購入や自動車購入時の自動車担保貸付けなどといったものは除外貸付けとなっていますし、緊急の医療費の貸付けや顧客に一方的に有利となる借換えなどは例外貸付けとされています。

 

このように、総量規制はお金を借りる場合どんな場合でも適用されるというものではありません。小額の借入しかしない、というのであればあまり影響はないのかもしれませんが、特に高額の融資を受けるつもりの方などは影響がありますので、借入の際には注意するようにしましょう。