即日融資の可能性が高いカードローンの条件とは

即日融資可能と書いてあるからといって、必ずしもすべてがスピード融資となるわけではないーそれならば、その中でも即日融資を受けられる可能性が高いカードローンというのは、具体的にはどういったものなのでしょうか。

 

【消費者金融のカードローン】

 

まず大きく分けて、消費者金融と銀行カードローンとに分けることができるかと思いますが、銀行カードローンは審査に時間がかかる傾向があります。それは低金利であるがゆえに審査が厳しくなるという理由もありますが、銀行カードローンの場合には銀行の審査と保証会社の審査、二重の審査が必要になるため、自社だけの判断で審査ができる消費者金融と比べますとどうしても時間がかかってしまうのです。

 

そのため同じ即日融資可能なカードローンであっても、消費者金融の多くは「最短30分審査」、銀行カードローンの多くは「最短即日審査」というように差がでてきてしまうのです。また、審査が早く終わるとしても、審査に通らなければ結果として融資を受けることはできません。このことからも、審査が比較的柔軟な消費者金融のほうが、即日融資を受けやすい、可能性が高いと考えられるのです。

 

【振込以外に即日融資の方法がある】

 

即日融資は当たり前ですがその日のうちに融資を受けられなくてはなりませんよね。融資を受ける方法が振り込み融資だけですと、銀行振込は銀行の業務時間内である15時までに手続きを済ませなければなりません。そのため、消費者金融のカードローンでは、各社それぞれで「14時までにWEB契約完了が必要」「14時までに必要書類の提出が必要」などといったタイムリミットを設けています。そうなりますと、逆算していくと審査時間を多めに見積もってお昼くらいまでには申込を済ませておかなければならない…などとなってくると思います。もし審査に時間がかかってしまったら、これだと即日に間に合わない可能性が出てきますよね。

 

そこで、営業時間の比較的長い無人契約機で即日カード発行が可能なカードローンでしたら、15時をまわってしまったとしてもローンカードを発行してお金を引き出すことができるのです。無人契約機の営業時間は各社でも異なりますし、また設置場所によっても違いはありますが、20時や21時など夜まで営業しているところが多いですから、即日融資のタイムリミットが大幅に広がるため即日融資を受けられる時間的可能性も高くなるというわけです。

 

もちろんこれは、立ち寄れる範囲にそのカードローンの無人契約機があることが前提となりますが、大手の消費者金融でしたら全国に1,000カ所を超える無人契約機を持っているところもありますので、まずは最寄りの無人契約機がどこにあるのか、それはどのカードローンなのか、というところからカードローン選びを検討してみるといいでしょう。