カードローン審査の厳しさと金利の高さは反比例の関係にある?

実はカードローンの金利には、審査の厳しさとの間にある関係性があるといわれています。それは、金利と審査は反比例する、というものです。なぜこうした関係になっているのでしょうか。

 

一般的に、消費者金融の金利は高いと言われますが、審査は比較的柔軟と言われますよね。逆に銀行カードローンですと、金利は低金利ですが審査は比較的厳しいとされます。このように、金利が高ければ審査は柔軟に、金利が低ければ審査は厳しいという反比例の関係が認められるのです。

 

カードローンを提供する金融機関にとって利息というのは、収入にあたります。この収入によって、宣伝費や広告費、人件費などといった経費を捻出しますが、返済に行き詰まった方にお金を貸して返してもらえなかった場合のお金もここから補填します。そのため、貸し倒れた場合の保険料をみて金利を設定しなくてはなりません。

 

金利が低いということは、利息収入も少ないということです。そのため、貸し倒れリスクに対する保険料が少なくなってしまいますから、審査を厳しくおこないお金を貸す人を厳選し、貸し倒れリスク自体を少なくしなければなりません。一方、金利が高ければ、利息収入も多いため、貸し倒れリスクに対する保険料も多くありますので多少柔軟な審査でも大丈夫というわけです。

 

この法則はカードローンに限らずすべてのローンにあてはまりますが、あくまでも傾向であり、審査の厳しさはそれぞれのローンによって違いがあります。そのため、銀行カードローンでも審査が比較的柔軟なものもあったり、また全く同じ金利のカードローンであっても各社で審査基準が違うわけですから、審査の厳しさに違いがあったりすることがあります。ですがカードローン選びの際にどこが審査が厳しいのか?という一つの目安になるのではないでしょうか。