金利は下がる可能性もある

カードローンに申込をして審査に通ったのはいいけれど、金利が思った以上に高かった…カードローンのクチコミサイトをみてみると、そんな声もちらほらみられます。審査に通らなければまず利用できませんから、審査に通るだけでもよし、というところなのかもしれませんが、思ったよりも高い金利を適用されてしまったらやっぱり不満は残りますよね。しかし金利はこのままずっと変わらないわけではありません。

 

金利を下げる方法としてあげられるのが、一つの業者を長く利用するという方法です。よく借りてよく返す、きちんと返済をしてくれて長く利用してくれる方は信用が高くなり、そうした方に対して金融機関側はもっとお金を貸したい、借りて欲しいと思うものです。半年程度そうした利用を続けていますと、カードローン会社側から「もっと借りませんか」ということで増額の案内がくることがあります。適用金利は借入額によって変わってきますので、たくさんお金を借りればその分金利が下がる可能性があるというわけです。また、増額をしなくてもある程度の限度額を利用しているようでしたら、金利の引下げ交渉ができる場合もあるようです。

 

いずれにしても、利用してすぐに金利を下げるようなことはできません。ある程度信用が高くならなければ、そうした申請や交渉の舞台にも立てませんので、金利の引下げを今後考えているのであれば借入当初からそれに見合った利用をしていく必要があります。

 

また金利を下げる方法としてもう一つ、より低金利なカードローンに借り換えるという方法もあります。消費者金融のカードローンは各社だいたい同じような金利ですが、低金利な銀行カードローンに借り換えることができれば利息負担を減らすことも可能でしょう。銀行カードローンは傾向として審査が厳しいため誰でも利用できるという方法ではないかもしれませんが、上限金利が消費者金融より数%低いものも多いためもしそうしたところで借り換えできたならば金利を下げることができるでしょう。