専業主婦の場合借入できないというのは本当?

総量規制によって、専業主婦の場合は借入ができなくなってしまったという話も聞きますが、これはほんとうなのでしょうか。確かに、総量規制では個人の借入総額が年収の3分の1まで、というように定めているため、これだけですと本人に収入のない専業主婦はお金を借りられないのでは?となってしまうと思います。

 

しかし総量規制には、例外貸付けというものがあり、実はここで専業主婦への貸付けについてフォローがされているのです。その名も「配偶者貸付け」というものですが、配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けが可能とされています。ただしこれには条件があり、配偶者の同意と配偶者であることを証明する書類が必要となっています。

 

貸金業法ではこのように例外貸付けとして認められているわけですが、業者によりその対応には違いがあり、実際のところは専業主婦は借入ができないとしているケースが圧倒的に多くなっています。といいますか、現在のところ専業主婦に貸付け可能な消費者金融は見当たらないといってしまってよいでしょう。

 

しかしそんな専業主婦でもお金を借りる手段というのは残っています。それは、総量規制対象外の銀行カードローンを利用するという手です。銀行カードローンは総量規制の影響を受けませんので、専業主婦でもお金を借りることができます。ただし、銀行カードローンはもともとが審査の厳しい傾向の強いカードローンです。そのため、利用条件の時点で「専業主婦・学生不可」などとしているところも少なくありません。ですが、いくつかのところでは専業主婦への貸付けOKとしているところがあります。限度額は30万円〜50万円までと小口融資に限ったものになっていますが、クチコミをみても実際借入に成功している方もいらっしゃるようですし、専業主婦だからとあきらめてしまわず申込をしてみてはいかがでしょうか。