消費者金融についてこれだけは知っておこう【審査】

はじめて消費者金融を利用するという方の場合、自分は審査に通らないのではないか…審査に落ちたらどうしよう…など、審査に通るかどうか不安に思っている方も多いでしょう。不安なのは、審査でどのようなところを見られるのか、どういったところが審査のポイントになるのか、審査自体がわからないからよけいに不安になるのだと思います。消費者金融の審査ではどこを見られているのかを知っておけば対策がとれるところもありますから、知っておいて損はないでしょう。

 

まず消費者金融などカードローンの審査では、「属性」と「信用情報」の二種類の情報から融資の可否を審査します。以前、まだ店鋪で対面で審査が行われていたときには「対面与信」といって対面した印象なども審査の対象となっていたのですが、現在ではネット申込が主流となっているため対面与信に関してはそれほど考えなくてよいでしょう。

 

属性というのは年収や職種などといった申込者のデータを、過去の膨大な利用者データと照らし合わせて審査するものです。お金を貸してもきちんと返してくれる人かどうか?ということを過去のデータを審査基準とし、それに基づいて申込者データを点数化していきます。例えば、「自営業の方よりもサラリーマンの方のほうが過去の実績ではきちんと返済をしてくれていた」、という過去のデータにより、サラリーマンのほうが属性がいいといったように判断されるという具合です。この審査基準は各社それぞれで違うものですが、傾向としてはおおむね同じような傾向だと思っておいていいでしょう。

 

対して、信用情報というのはクレジットヒストリーなどとも呼ばれ、銀行やクレジットカードなど日々の融資やカードの利用履歴といったものが登録されているもののことです。これは銀行や消費者金融、クレジット会社などといった金融機関が顧客情報を共有化して審査の際に多重債務者や不良顧客を選別するために作ったもので、新規入会の際には必ずこの情報を照会するようになっています。例えばA社B社という消費者金融で延滞や債務整理などを行った場合、その情報は信用情報機関に決まった期間登録され続けるため、C社でカードローンの新規申込をしようとしても、その情報が登録されている間は審査に通るのが難しくなる、という具合です。また現在何社でいくら借入をしている、ということも信用情報をみればすぐにわかってしまいますので、申込フォームに他社借入など記載する欄に嘘の記載をしてもすぐにバレてしまいますから注意して下さい。

 

何がどのくらいなら審査に通る、など、詳しい審査基準というのは各社公表されていませんから具体的な審査内容というのは結局わからないのですが、何から何までわからないという不安は少なくともなくなるのではないでしょうか。また、もしも審査に通らない、という場合には、これらの審査内容の中に落ちた原因があるわけですから、原因を見定めてから次の対策を考えることが重要です。